鵜野洲 新聞記事になる!

久しぶりの更新です。
我が助産所の所長がこのたび読売新聞に載っています。

皆さんもご存じ、インターネットラジオ「へそのお.com」の紹介です。



子育て応援 ネット番組 無料配信で話題
      小児科医らの専門意見も

 


 育児中の若いパパ、ママ向けの子育て応援番組「へそのお.com」(http://www.hesonoo.com)が、インターネット上で毎週月曜日に無料配信され、話題を呼んでいる。川口市在住のフリーディレクター山上滋(しげる)さん(35)と同市子育てサポートプラザが企画・制作。山上さんは「小児科医など専門家への質問コーナーもあって情報満載。ラジオのように育児や家事をしながら聞いてもらえたら」と話す。f0004171_13291021.jpg

 番組は山上さんが2007年6月から1人で始め、同年12月から同プラザと一緒に制作している。毎回20分ほどで、鳩ヶ谷助産所長の鵜野洲みどりさん(51)が司会、同プラザ総合コーディネーターの鈴木香代子さん(57)らがリポーターを務め、山上さんが録音と編集を担当する。

 鈴木さんが助産師や小児科医らを訪ね、育児に関する様々な質問に答えてもらう「ママに代わって行ってきます!」のコーナーや、子育て中のお母さんのトークなど、毎回違った内容。

 たとえば、小児アレルギーについては、市立医療センターの小児科医・山南貞夫副院長から「アトピー性皮膚炎は体が温かくなるとかゆくなる」「卵は消化機能が発達してから与えて」などの話が聞ける。

 「子どもが昼寝中でも聞けるように」(山上さん)と優しいBGMに乗せて、いつでも何度でも好きな時間に聞くことができる。

 番組制作のきっかけは、山上さんに04年、長男が誕生したこと。初めての育児に悪戦苦闘した経験から、「同じ悩みや不安を抱えた若い夫婦が、自宅で楽しみながら聞ける育児情報番組があれば」と思いつき、子育て講座でお世話になった鈴木さんに協力を求めた。

 鈴木さんは「プラザに相談に来る子育て中のパパやママの話を参考に、番組を企画している。番組ではお便りも募集している。子育て経験者も含め、多くの人たちと番組を作っていきたい」と話す。

 次回19日に配信されるのは「埼玉大で乳幼児教育を研究している首藤敏元教授が自分の子育てで悩んだこと」などがテーマ。問い合わせは、川口市子育てサポートプラザ(048・250・1221)へ。

(2008年5月17日 読売新聞)
[PR]
# by hatogaya-mw | 2008-05-18 13:32

助産所はすばらしい!!!

久しぶりの更新になってしまいました。

前回助産所最高顧問通称婦長さん」の紹介をしましたが、今回はその婦長さんが松契という日本赤十字社助産児学校の同窓会誌に寄せた文章を紹介したいと思います。

実は私たちスタッフもこの文章を読ませていただいて、ほろっときてしまいました。
ぜひ皆さんも読んでみてください。
助産所ってこんなところなんだ・・・わかっていただけると思います。


助産所はすばらしい!
                          新14期大井幸子

昨年6月に古稀の祝いを「○○助産所」の一家で祝っていただきました。助産婦学校を卒業してから、長い長い病院勤務でしたが、助産婦業務をしたのはその3分の一ぐらいだったでしょうか?8年前定年退職をしたときは、中間管理職の重荷に身も心もくたくたに疲れ、2度と医療場面の仕事には身をおかないことを決めていました。にもかかわらず前説のように古稀の祝いを助産所に一室で行っていただいたのです。病院退職後3~4ヶ月経った頃だったでしょうか?後輩助産婦が運営している助産所を訪問しました。後輩助産婦2名の合同経営でその他に3名の若い(?私から見れば)助産婦がスタッフとして働いていました。丁度私が訪問したとき、病院の頃直接指導したことのある、あの幼かった助産婦が、乳房マッサージをしながら、側でまとわりつく赤ちゃんをあやしながらママを励ましていました。私はこの風景に直接触れ、成熟した助産婦の仕事を初めて見たように感じたのです。真に「背負った子に教えられ」でした。病院退職後も高等学校の非常勤講師、ヘルパー養成施設での実技指導、日本医療機能評価機構のサーベイヤーと忙しい日々の合間を縫って、週に1~2日助産所に遊びに行くようになりました。病院では出来なかった助産婦の真の姿を後輩助産婦から教えられ、病院分娩を管理分娩といういわれをこの年にして理解できたように思いました。

初診〉殆どの妊婦は子連れです。まず子供をおもちゃに興味をもたせお母さんの側で遊んでもらう作業があります。この作業は雅に技術といっていいでしょう。お母さんが落ち着いたところで、お母さんの希望、家の事情などを話してくることを知りました。ゆっくりと時間をかけていますが、個々の悩みまで自然の内に聞くには、助産婦個々の人間性が問われます。

妊婦検診〉採尿のためトイレに行きます。ママの姿がチョットでも見えなくなると泣き叫ぶ子もいます。この時子供をすばやくなぐさめないと後々診察にも支障ができます。診察中にもお腹に一緒に触れたり、「赤ちゃんお腹トントンと言っているよ!」と児心音をお母さんにも子供にも聞いてもらうことが出来ます。忱の健康教育というところでしょう!!このことを何回か繰り返していると、助産所に入った途端、お母さんが診察室に入る前に気に入ったおもちゃのところに行き、なかなか帰ろうとしない子もいます。出産の時はこの子達は家庭分娩と同じような環境となり、出産したお母さんと赤ちゃんと一緒に寝、自然に赤ちゃんを受け入れるのです。
 またある時は、呼吸が苦しいと、子供のように泣きわめいて診察に来た。一見過換気の症状だ。夫がいない夜は不安に陥るのだという。助産婦はまず抱きしめ、涙を拭ってあげていた。それだけでかなり落ち着いてきたようだ。分娩監視装置装着。心音はやや多い。腹緊程度の陣痛が低位置で波を描いている。病院では直ぐ医師を呼ぶところだろう。かなり長い時間分娩監視装置をみながら、妊婦さんの夫のこと、子どものこと、妊婦のお母さんのこと等々話をしているうちに、あの泣きわめきを何だろうと思うくらい落ち着いてきた。夫に来所していただき、今の状況、分娩陣痛になっていない旨を記録用紙を用いて、心の安定と胎児の安全を科学的に説明している。

出産・入院〉出産時、1歳代の子はおもちゃで遊んだり時折ママの枕元へ来て甘えたり、パパをおもちゃのところに誘ったり、自由に出産体勢のお母さんの周りをウロウロです。2歳以上の子は、ママが苦しんでいると、パパと一緒にママ頑張ってと励ましたり、苦しい状況から逃げるようにおもちゃの部屋に行ったり、ビデオを見たりしているが、やはり気になるのかママのところに来て励ましたりもしている。夫はママの汗を拭いたり、無図を飲ませたり、カメラを点検したり、子どもと遊んだり大忙しです。いよいよとなるとママを抱え込んで一緒にいきんでいます。まさにに共同作業です。へその緒をつけたまま、ママの腹の上で啼いている赤ちゃんの顔を触ったり、上の子を並べて写真を撮ったり生まれたばかりの赤ちゃんとの接触はほんとうに感激の風景です。臍帯カットを夫が行い、ようやくその場で赤ちゃんの計測、臍の処置、産衣が着せられます。その前にママのおっぱいを生命の神秘を実感したと感想を漏らしたパパもいました。入院室では四本川で親子がぐっすりと寝ている姿は家族の平和の原点を感じました。入院中、赤ちゃんは母乳ですから、上の子はいつもママと一緒です。赤ちゃんが生まれてもママとの分離がないということはその子の将来の心の発育にすばらしいものになると信じています。翌日にはママと一緒にお風呂にも入れます。ママと絵本読みも出来ます。将来、院内助産所体系が出来ても此処迄は困難ではないかと感じています。ほんの一部の助産所を紹介しましたが、その他にも赤ちゃんとお母さんのイベントが毎日計画的に行われています。

赤ちゃんマッサージ〉赤ちゃんマッサージを目的としていますがお母さん達は仲間と赤ちゃんのこまごましたことを話し合い、マッサージよりもお母さんの心の安定に優れものと思っています。

お話し会〉保母さんが絵本を読んだり、お話をしています。6~7ヶ月のベビーがお母さんの膝の上で絵本をじっと聞いている姿はすばらしい。

マタニティーヨーガ〉〈産後ヨーガ〉参加者の殆どが子連れです。ほんの少し手足背をケアーすることで、心も軽くなると好評です。

こんなすばらしい助産所が、最近開設続行困難な諸諸のことが生じています。助産所が安心して運営できるよう法的措置がとられるよう強く強く希みます。



以上です。

婦長さん、これからも私たちスタッフも頑張りますね!
だから婦長さんもいつまでも元気で、助産所の最高顧問としいてくださいね。
[PR]
# by hatogaya-mw | 2007-12-03 22:19 | 助産師

助産所スタッフ紹介 その2

今日は「婦長さん」の通称でおなじみの大井幸子助産所顧問の紹介です。
通称どおり元は川口近辺では良く知られている総合病院の総婦長さん
でも今ははとがや助産所の顧問として助産所を支えてくれています。

f0004171_1356697.jpg



ヨーガを教えてくださったり、助産所に来るママたちと一緒に来る赤ちゃんをみていてくれています。
どの赤ちゃんも婦長さんの大きな懐が大好き!
時々取り合いがおこることも・・・

f0004171_1458252.jpg

















そして・・・


この度第35回医療功労賞(読売新聞社主催、厚生労働省など後援、エーザイ協賛)をいただく事になり、先日授与式に出席してきました。

f0004171_13521812.jpg

この賞は地域医療に長年従事し、貢献した人に贈られるもので、今回県医師会長の方達と並び助産サービスの質向上への活躍が認められ3人中の1人として選ばれました。




助産所にとってもとても名誉な事と感謝しています。
そして今後益々、助産サービスの向上に婦長さんと一緒に取り組んでいきたいと思っています。
[PR]
# by hatogaya-mw | 2007-01-18 14:14 | 助産師

助産所スタッフ紹介 その1

BLOGをなかなかうまく活用できないので今回はスタッフ紹介をしてみます。

f0004171_2262932.jpg














なんと言っても我が助産所の責任??経営者??
その名も鵜野州みどり

最近万屋相談所?女の駆け込み寺?ともいえる我がはとがや助産所を強い意志を持って開設。
勿論、その初志は今でも健在。
日々、休みもなく皆さんのためには働き続けています。


鵜野州さんの顔を見るだけで元気が出たり、安心したり、不思議な顔???
でもそう思っている人はかなり多いのです。

これからもどんどんこのお顔を見に来て元気をもらってくださいね。


ちなみに優しい素敵なご主人とお嬢様2人の母でもあります。
趣味は・・・内緒にしておきましょう。
[PR]
# by hatogaya-mw | 2006-12-28 22:15 | 助産師

いないいないばあ

f0004171_10505043.jpg

松谷みよ子さんのいないいないばあ
赤ちゃん向け絵本の中ではとってポピュラーなもの
そして、みんなが・・・といっても過言ではないほど、どの赤ちゃんも大好きな絵本の一つです。


もちろん助産所のお話会に来てくれる赤ちゃんたちも大好きです。



ではちょっと中を紹介

いないいないばあの題名の通り、いないいないばあをしてます。


まず出てくるのは・・・f0004171_10552623.jpg
ねこのにゃあにゃ
(ここで猫のことをにゃにゃと表現するところが松谷美代子さんの世界ですね。)

にゃあにゃがいないいない・・・
このとき赤ちゃんはわかっているけど期待してしまう期待感でワクワク



そしてページをめくると・・・f0004171_10581362.jpg

ばあ・・・とお顔を見せてくれます。

ばあ!と心地よい響きにわかっているけどおもしろい、そして安心感かな?



物語はクマ、ねずみ、きつねと同じことが繰り返されます。



そして最後にf0004171_1125555.jpg

のんちゃん、いないいない・・・と人間の子供になり今まで動物の世界を楽しんでいたのが、いきなり時分と同じ人間の世界に戻ってきます。



 

 赤ちゃんにとってのこの本の魅力を今日は私なりに分析

  まずいないいないばあという遊びは赤ちゃんにとって身近で大好きなもの
  いないいなあばあと題名を読んでもらったとたん興味を持ってくれます。

  次に実際にお目々を隠した登場人物が、次のページでばあ!とお顔を見せてくれて、期待感、そして安心感、楽しさを感じられるようです。


  そしていないいない・・・ばあ!と繰り返しが心地よく耳に響いて楽しいようです。
 
  これは私の経験ですが、赤ちゃんは単純な言葉の繰り返しがあると、喜んでくれるようです。  (だから助産所のお話し会では繰り返しのあるものを選ぶようにしています。)

  瀬川康夫さんのかわいらしい動物の絵も魅力的ですね。


 ちょっと難しく分析してみましたが、初めての絵本としてはおすすめです。
 まだ読んだことのない方、是非一度ご覧になってみて下さい。


 次回に続く・・・


  
[PR]
# by hatogaya-mw | 2006-08-19 11:19 | お話会

マタニティーヨーガ

今日はマタニティーヨーガのよさについてちょっと調べてみました。
勿論色々な考え方がありますが・・・

マタニティーヨーガ協会のHPには

マタニティーヨガとは
  最近、出産準備教育として、マタニティ・ヨーガを取り入れる施設が増えてきました。これは、ヨーガが体のリラックスや、自由な動きをもたらし、また、呼吸も自発衝動に合わせて自由にできるようになるなど、出産時に役立つことが認められてきたからです。
また、マタニティ・ヨーガを行っていると、出産に対する不安も無くなっていくなど、精神的な効果も認められています。

考えてみれば、西洋のアクティブ・バースにおいても、ヨーガは出産準備教育のエクササイズとして採用されているのです。マタニティ・ヨーガは、ヨーガの応用ですが、妊娠してから始められる方でも無理なくできるようなポーズで構成されています。そればかりでなく、妊娠生活が快適に送れ、お産にも役立つようなエクササイズが各所に取り入れられています。

西洋式の運動は筋力を高め、肺や心臓の機能を高めることを目標にしていますが、ヨーガはもともと精神修行の行法であったために、体をリラックスさせ、精神集中を高めることに主力を置いています。

こういった点が女性の内にある出産本能を引き出すのに役立ちます。自然出産の潮流の中で、女性の側の主体性が問われている現在、こういった技法がもっともっと取り入れられていってもよいのではないでしょうか。


・・・と書いてあります。

我が助産所でも自然なお産にこだわっていますが・・・ここに共通点があったのですね。
人間って驚くような自然に力を持っているんですよね。
只、昨今この力を出し切れないことが多くなっているのは確かかも。
ヨーガによってそんな力が発揮できるようになるようですね。


雑誌などにも色々取り上げられています。



またさらに色々勉強していきたいと思う管理人です。



余談ですが・・・

我が助産所のU助産師もは「科学的にはわからないけど・・・ヨーガをしている方のお産はトラブルが少ない!」と絶賛しております。
U助産師、これがまた実は不思議な力を持っているんですよね・・・・
[PR]
# by hatogaya-mw | 2006-08-17 14:13 | 出産

赤ちゃんサロン特別講演のお知らせ

赤ちゃんサロンの特別講演のお知らせです。
渡辺先生のお話はとってもためになるので是非聞きに来てくださいね~
もし質問があれば助産所に電話してください。
またはここに書き込みでもOKです。



赤ちゃんサロン特別講演のお知らせ


☆いつも睡眠不足を感じているお母さん、母乳育児と  
                睡眠との深〜い関係を知ってますか?
★ 虫歯ってどうしたら予防できるの?

育児の不安を楽しみに変えてみませんか?
妊婦さん・育児中のパパ、ママ、おじいちゃん、おばあちゃん…
お子さんを連れて、みなさんいらして下さい!!

   講師:川口市立医療センター歯科口腔外科医長    渡辺 永興先生

   日時:平成18年9月9日(土) 13:00~受付開始
   内容:午後1:30~3:00  母乳と睡眠と歯のはなし

   場所:川口市立婦人会館(駐車場あります)
   費用:500円

  人数の関係上、事前にFAXまたは葉書で名前・住所・連絡先を記入のうえ下記まで予約をして下さい。当日キャンセルでも大丈夫です。

 連絡先 〒334-0003 鳩ヶ谷市坂下町4-18-3はとがや助産所
                    TEL&FAX:048-284-6362
         主催 川口助産師会・婦人会館
[PR]
# by hatogaya-mw | 2006-08-10 13:48

赤ちゃんサロン

今日は川口助産師会の赤ちゃんサロンです

f0004171_13321960.jpg



助産所から大井婦長さんがお手伝いです

f0004171_13322052.jpg



今日も3ヶ月から1歳までの22組の赤ちゃんとママが参加しました。
夜寝ない!、突然大きな声を出す!離乳食どうしよう・・・、おっぱいが足りているの?などたくさんの質問が出ていました。
そのたびに「私も・・・」という声が聞かれ、どのママも「自分だけでないんだなあ・・・」と感じてくれたようです。
帰ることにはお友達もでき、名残惜しいようでした。


赤ちゃんサロンは婦人会館が主催で月2回行われています。
また9月には特別講演として、川口医療センター 渡辺 永興 先生による「歯と眠りと母乳について 」のお話しがあります。勿論子育て中の方、そしてこれから子育てをしようとしている方にとっても役に立つお話しです。       
興味がある方は是非一度いらしてみてくださいね~

申し込みは はとがや助産所へ
[PR]
# by hatogaya-mw | 2006-07-21 13:32 | 育児

絵本の読み聞かせ(お話し会)

はとがや助産所では月曜日の午前中お話会をしています。
主に絵本の読み聞かせをしています。


f0004171_2222381.jpg



小さな時から絵本との出会いは言うまでもなく赤ちゃん達によい影響を与えてくれます。
絵のきれいさ、言葉の響きのおもしろさから、情緒豊かにしたり、言葉が豊かになったり、集中力がついたり・・・
しかしこの時期何より大切なのはママとのふれあいです。大好きなママとよい絵本の世界を共有することは赤ちゃん達にとって掛けがえのない時間となります。

色々絵本を選ぶ時のポイントはありますが、助産所では繰り返しがあったりして言葉のリズムがおもしろいもの、絵や色のきれいなものを選ぶようにしています。それに動物が出てきたりすると赤ちゃんはとっても興味を持ってくれます。

このBLOGを使って、絵本も紹介していけるといいですね~
  

しかし・・・・ちなみにお話し会では
助産所に来てくれるのは赤ちゃんがほとんどなので、1時間本をずっと読んでいるわけではなく、手遊びや親子遊び、それから情報交換の時間(おしゃべりタイム)していますよ。


赤ちゃんとの時間をうまく過ごせないママ、是非一度いらしてください。
絵本を赤ちゃんと一緒にまずは楽しみましょう。
ママが楽しめば赤ちゃんも楽しいのです。
そして楽しい赤ちゃんとの時間を持った後は、同じ悩みをもつママたちとおしゃべりを楽しみましょう。

ちょっとはよい育児情報になったかな・・・?
絵本の紹介は又後日。




   お話し会   月曜日10:30~(予定は助産所の予定できまります)
            場所    ぽっぽルーム
           申し込み  お電話にて日時を確認の上お申し込みください。

  ※  8月は水遊びをします!
[PR]
# by hatogaya-mw | 2006-07-15 22:30 | お話会

祝BLOG開設

本日よりBLOG開設いたしました。
最近流行のBLOG、とうとう助産所でも・・・・

新着情報でもお知らせいたしましたが、今までの掲示板でたくさんの方の交流の場となっていたのですが、心ない書き込みが多く対処しきれない状態になっていました。

そこで、とりあえずBLOGをもうけ、ここで助産所への相談のあれこれを載せていく中で、皆さんの悩みの解消につながっていけばまあ・・・と考えています。

とりあえず始めてみないとわかりません。
はとがや日記もそのまま残していますので、色々試行錯誤しながら今まで通り、皆様に愛される助産所、愛されるHP を目指してがんばっていきますね。

皆さんもどうぞ色々ご意見下さい。

よろしくお願いいたします!
[PR]
# by hatogaya-mw | 2006-07-15 07:57 | 管理人のつぶやき